無責任な人間による飼育放棄や虐待、劣悪な環境にいた猫たちを保護しています。ハンディキャップのある子も個性と考えて下さるような心優しき方、どうか猫たちの里親さんになって下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラが虹の橋を渡りました

事故に遭い、リハビリで歩けるようになったトラですが、3月4日8時23分、入院先の病院でなくなりました。

ご飯を食べる量が少なくなったので、動物病院にて検査しましたが、尿道や血液検査など特に異常は見受けられず、原因が特定できずでした。大きな事故に遭ったので、その後遺症がどこかに出た可能性があります。
リハビリを頑張って歩けるようになったところでしたので、残念で仕方ありません。

帰ってきたトラちゃんはとても安らかな顔をしていました。しらせを受けた時は、悲しくてやりきれなくて仕方ありませんでしたが、その安らかなやさしい顔を見たとき、トラがんばったネ、ごめんネ・・・と顔を撫でました。寒い冬ですので、明日までお通夜をして、6日にお葬式をします。

入院先の先生にお世話になりましたと伝えましたら、助けられなくてすみませんとおっしゃられました。交通事故から頑張ってきた子で、ママさんがいなければあの時にいなくなっていたかもしれませんと慰めの言葉をくださいました。
先生方がとても尽力くださっていたので、もう一度帰ってきてくれると信じていました。もうあのご飯をねだるときの大きな声を聞くことは出来ません。残念です。今はただただ・・・トラの安らかな旅立ちを祈るばかりです。

皆さんに色々ご心配をいただきました。ありがとうございました。
トラも天国で走り回れるトラになってくれるでしょう。トラ、ありがとうと伝えたいです。 - キャッツママ -

02_20120305222633.jpg

先に逝った子たちは、星となり、我々の先を照らしてくれるでしょう。

冥福を祈ります。合掌。

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://catsmamacats.blog33.fc2.com/tb.php/137-11f3cc23
<< キャッツママ邸訪問記@2月11日(前編) | TOP | 2月23日&24日到着分@ご支援ありがとうござます >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。